・概要/沿革 
 ・組織
  ・事業内容
  ・事業報告
定款等
  ・定款 
  ・役員名簿 (最新版)
  ・PDF
 ・地図(準備中)
 相馬双葉漁業協同組合
      
 
 東日本大震災の影響
 当協会は、福島県大熊町の太平洋沿岸に設置された福島県栽培漁業センターで、昭和57年から約30年間、アワビ・アユ・ヒラメ等の放流用種苗を生産しておりましたが、平成23年3月の東日本大震災により、職員、施設に甚大な被害を受けました。
 加えて、原子力発電所事故による避難に伴い、現在は福島県内の仮事務所で事務を行い、国、県の支援を受けて、国立研究開発法人水産研究・教育機構
(旧 水産総合研究センター)増養殖研究所及び、公益社団法人新潟県水産振興協会の施設をお借りして、平成24年3月からアワビとヒラメの種苗生産を再開いたしました。
 また、福島県では、被災した栽培漁業センターに代わる新たな種苗生産施設を相馬市に設置予定であり、そこでの種苗生産業務に応えられるよう、準備を行っております。
 
   平成30年度10月採用 職員採用情報 

 この度、当協会では平成30年度中に竣工予定の種苗生産施設での業務に対応すべく、新たに職員を採用して体制を整えたいと考えております。
 つきましては、下記のとおり実施いたしますので、共に福島県の沿岸漁業の復興に意欲を持って仕事をして頂ける方のご応募をお待ちしております。
 
 なお、必ずハローワークを通してご応募下さい。

 応募方法、採用条件等はこちらです。
   職員採用試験案内(PDF)


 平成25年度~平成28年度のヒラメ稚魚・アワビ稚貝の放流の様子
                                                        
◆所在地等◆

公益財団法人福島県栽培漁業協会
 
  
〒979-1301  福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北台205番地1

(平成29年9月19日からの仮事務所)
〒976-0022  福島県相馬市尾浜字追川196
          (相馬双葉漁業協同組合内)
TEL 0244-32-0330  FAX 0244-32-0332   
E-mail fssaibai@yahoo.co.jp